悪い病気には必ず兆候がある

がん 心筋梗塞 脳梗塞 糖尿病ほか

(週刊現代)

虫歯でもないのに歯が痛い、最近脚がよくつる、左腕がだるい―こんな症状、見すごしていませんか? そこには危険な病気が潜んでいる可能性があります。

 虫歯でもないのに歯が痛い、最近脚がよくつる、左腕がだるい―こんな症状、見すごしていませんか? そこには危険な病気が潜んでいる可能性があります。

背部が痛いのは要注意

「目がかすんで、見えにくくなったな・・・」

 Aさんが40代前半のときだった。近くの眼科へ行くと「糖尿病性網膜症」と診断された。生活を改善するよう指導されたが、痛みが生じるものでもなく、視力が弱くなった程度で日常生活に支障がなかったので、「まあ、いいか」とそのまま放置した。酒好きで毎日晩酌を欠かさず、1日2箱は吸う煙草もやめることはなかった。

 そうして6年経ったある日、突然、呼吸困難が彼を襲った。苦しくて歩くこともできず、救急車で病院へ担ぎ込まれた。病名は急性心筋梗塞。そのまま入院して2ヵ月後、容態が急変して帰らぬ人となった。まだ48歳の若さだった―。

 金沢医科大学氷見市民病院(富山県氷見市)総合診療科長の神田享勉医師が言う。

「この方には一卵性双生児の兄がいます。兄も糖尿病でしたが、内科で受診して治療を受け、現在も元気に過ごしています。A氏も糖尿病を指摘された時点で、適切な治療を始めていれば、助かったはずです。遺伝子より、本人の生活態度が明暗を分けたのです」

 神田医師が勤務する「総合診療科」は、自分の体に異状は感じるが、「何科を受診すればよいかわからない」という患者の診断を行い、適切な診療科へ案内する、いわば「診断のプロ」集団だ。そんな神田医師に、よくある症状の見分け方を聞いた。

●頭痛

 急激にきた頭痛で、例えばハンマーで殴られたような頭痛は危ない。クモ膜下出血の可能性アリ。高熱があって頭痛を伴うのも危険。意識が遠のくようなら、髄膜炎かもしれない。逆に、締めつけられるような頭痛や、頭を押して痛む場合は、頭の表面、つまり頭皮の神経が傷んでいる場合がほとんどで、命の心配はない。

●胸の痛み

 締めつけられる痛みは要注意。狭心症や心筋梗塞の可能性アリ。逆に、胸がちくちく痛むのは、まず問題ない。肋骨の間を押すと痛むケースも生命の危険はない。

「肋骨の間が痛いのは、『肋軟骨炎』といって、主にストレスが原因なのです」

●腹痛

 鋭く持続的な痛みは危ない。局部が痛ければ、自分で押してみるとよい。痛みが強くなれば、腹膜炎の可能性が高い。右下腹部が、押すときより離すときの方が痛い場合は、虫垂炎か憩室炎。背部の痛みも注意が必要で、前屈して楽になるのは、膵臓がんや膵炎が疑われる。

 このように、同じ部分の痛みでも、原因は様々。だが、一つの兆候だけで、病気か否かは決めつけられない。日本人に多くみられる「悪い病気」―「がん」「心臓病」「脳卒中」「糖尿病」について、放っておくと危険な兆候を、専門医に聞いた。

血便は大腸がんを疑え---がん

 いまや日本人の死因第1位で、年間約34万人が死亡しているがん。一般的に、早期がんでは自覚症状がないことが多いことは知られているが、部位によって特徴的な症状はあるという。

連載記事のバックナンバー

新着記事

記事ランキング

おすすめ記事