もう止まらない小沢一郎総理大臣
菅陣営、なすすべなく敗北へ
民主代表選 そして総理がまた替わる

 菅首相には覚悟がなかった。無投票再選という安易な道を模索して無意味な工作を行い、結果的に虎の尾を踏んだ。全精力を傾けて勝負に出た小沢氏の前に、首相のケチなプライドは砕け散るだろう。

「菅さんはクリーニング屋?」

 日本の命運を左右する決戦の火蓋がついに切って落とされた。

 とうとう起ちあがった小沢一郎前幹事長に対し、その師匠の娘・田中真紀子元外相は、「マキコ節」を炸裂させながら、こうエールを送る。

「(田中角栄元首相が生きていたら)愚直で不器用な小沢さんが、ようやく『やる』という決断をしたな、と。日本を頼むぜ、いっちゃん―そう言うだろうと思いますね。父を思い、私も胸が熱くなりました。代表選は(小沢氏が)圧勝します。

 小泉さんのときのように圧勝するよう最善を尽くしますよ。大体、菅さんが言うクリーンって、クリーンで政治ができますか。それはクリーニング屋さんに任せればいいんです」

 ボスの出馬に、小沢グループの議員らは沸き立った。8月31日の夕方に行われた小沢氏と菅直人首相の会談を、息を詰めて見守っていた小沢ガールズらは、小沢氏が正式に出馬を宣言すると大喜び。姫井由美子参院議員や谷亮子参院議員、田中美絵子代議士らは、会見を終えた小沢氏に、握手を求めて駆け寄った。

 小沢氏側近の一人は、菅首相に対して敵意剥き出しに、こう言い放つ。

「菅をもう一回、市民運動家に戻してやる」

 小沢グループは、ボスが正式な出馬宣言をした5分後には、翌日行われる決起集会のビラを配り始めた。出るのか出ないのか焦らされた分、いざ出馬が決まると、矢が放たれるように一斉に動き始めたのだ。

 一方で、菅首相は「交渉決裂」の後始末に追われた。「脱小沢」の旗を掲げて政権運営をして来たのに、代表選を前に小沢氏懐柔に走った菅首相の行動に対し、多くの議員が疑問を感じており、グループの団結には微妙な亀裂が生じていた。

 首相の側近、寺田学首相補佐官は、小沢氏との交渉の経緯について、「人事面などの要求が小沢氏サイドからあったが、首相が信念に基づいてはねつけ、結果的に決裂した」という趣旨の説明を繰り返すことに。

 しかし、小沢側近として知られる松木謙公氏は、余裕綽々でこう言い放つ。

「こちらは、人事面での要求など一切していない。名前も言いたくないが、あの広報担当者(寺田補佐官)が、若いから間違えたんだろう。いい、いい。許す」

 菅直人と小沢一郎―。水と油のように異なる二人が、日本のトップリーダーの座を懸けて争う。

 一市民運動家として出発し、得意の弁舌とパフォーマンスを駆使してわらしべ長者のような出世を果たし、総理の座まで上り詰めた菅首相。一方、かつて自民党の最大派閥でプリンスとして扱われながら、唯我独尊の政治姿勢によって幾度となく失脚を繰り返し、それでも20年にもわたって「無冠の帝王」として政界に君臨してきた小沢氏。

 歩んできた道が違えば、これから造る日本の形も、まったく異なるものになるだろう。最後に勝利を収めたほうが、この「国難」の真っ只中にある日本の再建を担うことになる。

 ただし、菅首相と小沢氏の双方が、「選挙後はノーサイド」と語っているが、それを本気にするような甘い政治家は、この戦いを生き残れない。民主党はかつての、仲良しサークルの野党ではなくなった。政権与党の代表の座、つまり総理の座を争うことは、最大最高の権力闘争だ。そして権力闘争とは、すなわちゼロサム・ゲームである。

 勝ったほうは、力とカネ、そのすべてを総取りする。逆に敗れたほうは、すべてを失う。何より、菅首相が争う相手は、あの小沢一郎だ。自らの政敵は容赦なく叩き潰し、捻り潰す。首相は敗れれば、ほぼ確実に政治家としての「命」を失うことになる。

 見た目はやる気十分、共同会見でも「小沢氏が国会の予算委員会に出席している姿を想像できない」などと挑発し続けた菅首相は、しかし内心では、小沢氏との一騎打ちになったことに、よほど動揺したようだ。菅首相支持議員の一人は、「首相が"躁"状態になっている」と懸念を深めている。

 両陣営が決起集会を開いた後の9月1日の夜。菅首相は自身を支持する野田佳彦財務相のグループ(花斉会)の会合に顔を出した。その後、NHK出演が控えていた首相は、わずか5分足らずその場にいただけだったが、興奮した様子でこうまくし立てた。

「明治維新には西郷隆盛の力が必要だったけれども、維新後はああいう末路になった。これが大事だ」

 ああいう末路とは、西郷が維新後に政府と対立して下野し、やがて西南戦争で敗死したことを指す。実は野田氏は民主党内でその風貌から「西郷さん」と呼ばれており、その面前で言うべきことではないだろう。そんな自分の「KY」ぶりにも気づかず、小沢氏のことで頭がいっぱいな首相は、同氏を、「まもなく死ぬべき運命」とまくしたてたのである。

 同席した議員らは、驚き、そして呆れた。

「調子に乗って舞い上がっている。どこかで締め直さねば危うい」

 実際、菅首相はこの発言を知った後見役の江田五月前参院議長から、「身を慎め」と、叱責の言葉を受けた。陣営が一様に、先行きへの不安を感じた一幕だった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら