伊藤博敏「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

証券監視委が精力的に調査する医療ベンチャー富士バイオメディックスの「闇」

08年の倒産劇のウラに重大疑惑

2010年09月09日(木) 伊藤 博敏
upperline

 医療支援事業で急成長、売上高が300億円を突破する勢いだった富士バイオメディックス(名証セントレックス)が、2008年10月、民事再生法の適用を申請して倒産した時、証券界には「どうもウラになにかあるに違いない」という噂が流れた。

 同社は業績は右肩上がり、事業範囲もアンチエイジング事業などを加えて広がりを見せていた。ところが08年5月期決算で、突如、医者個人に30億円、医療法人に20億円など52億3300万円の未収金を計上。その回収の見通しが立たず、資金調達も困難となって倒産、負債総額が218億円というのだから粉飾決算を疑われても仕方がなかった。

 当然、証券取引等監視委員会(証券監視委)は関心を持つ。内偵を続けたうえで今年に入って強制調査に踏み切り、最近、関係者の事情聴取を活発に行っている。

「担当の特別調査課は、かなり正確に事件の構図を掴んでいる。粉飾決算もあればインサイダー取引もある。さらに経営陣の特別背任を疑うこともできる。10月になれば、地検特捜部の財政経済班と協議、年内には事件化するんじゃないか」(証券監視委関係者)

 倒産の引き金を引いた「未収金」とは何か――。

 そこには、上場を目指した鈴木晃前社長が抱えてしまった宿痾があったという。医療業界関係者が明かす。

「富士バイオメディックスは、介護大手のメディカジャパン(ジャスダック)の関連会社。メディカのオーナーはこの業界では有名な神成裕氏で、鈴木氏は雇われ社長。鈴木氏には社長に取り立ててくれた神成氏への恩義があった。
  また、大株主には投資の世界では有名な加ト吉創業者の加藤義和氏が名を連ねていた。2人の期待に応えようと、鈴木氏は無理を重ね、それが決算の粉飾につながった」

 富士バイオメディックスの上場は05年8月。当時の売上高は105億3500万円(05年5月期)、経常利益4億5700万円(同)だったが、その数年前から粉飾は繰り返されていたのだという。

「関係会社への架空売上の計上、保証金名目での支払いや貸付金などで売上と利益を"調整"していました。還流した資金で株価維持のために自社株買いもしていた。また、医療法人を買収しながら資産計上していなかった例もありました。

 07年5月期には、監査法人が代わったこともあって、そうした『負の処理』を一括で行わなければならなかった。結局、60億円を仮払金で処理、新たに医療機関を二つ買収したことにして"辻褄"を合わせたんです」(富士バイオメディックス関係者)

次ページ  無茶苦茶である。バランスシー…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ