小沢一郎「総理」の可能性大
平成の「悪夢」マジですか 民主代表選
「大どんでん返し」血みどろの権力闘争へ

 現代最強と言われながら、旧時代の金権政治の権化として忌み嫌われてきた男が、最後の勝負に出た。迎え撃つ菅首相の頼みは、消極的な世論の支持のみ。「9月14日」を境に政界の地図が一変する。

小沢の剣幕にビビった鳩山

 たとえ「激震」という言葉が飛び交っても、本当に物事が激震することなど、ほとんどない。しかし、今回ばかりは、掛け値なしに政界に「大激震」が走った。8月26日、民主党・小沢一郎前幹事長が、9月14日の民主党代表選に出馬することを表明したのだ。

「菅か、小沢か。これはもはや、どちらが勝ったとしても民主党は分裂含みとなります。負けたほうが党を割る可能性が極めて高い。自民党などの野党も巻き込んで、政界再編の動きが加速するでしょう。まさに混迷の極みです」(政治評論家・浅川博忠氏)

 小沢氏が最終的に代表選出馬を決断した理由は、菅首相に対する強い「怒り」と、同時に抱く自身の政治生命への「焦り」だった。

 出馬を公表する直前、鳩山由紀夫前首相と会談を重ねた小沢氏は、自らの心情をこう吐露していたという。

「菅は『政権交代ができたのは小沢のおかげだ』と言っている。そのクセ、『脱小沢』とはいったいどういう了見だ。謝るから挙党態勢に協力しろと言われても、ハイそうですかと納得できるか。菅は信用ならない」

 本来、鳩山氏は小沢氏と菅首相との間を仲介し、和解の条件を探ることが目的だった。だが小沢氏の剣幕を前に、鳩山氏はただ同調するしかなかった。すくみ上がる鳩山氏を前に、小沢氏は、こう吐き捨てた。

「参院選の結果も、いったい何だ。オレがやっていれば、あれほどの惨敗にはならなかった。少なくとも、自民党と五分五分の結果には持ち込めた。菅らは、その惨敗の責任も取ろうとしない。無責任極まりない」

 実は小沢氏も、最初からこれほど強硬な態度を取っていたわけではない。そもそも小沢氏の出馬自体、直前までは「一部の側近が騒いでいるだけ」との見方も根強く、多くの民主党議員は、「まさか」と本気にはしていなかった。

 小沢氏は「政治とカネ」問題の責任を取り、6月に幹事長職から引いたばかり。そのカネの問題で、検察審査会による2度目の議決も控えているからだ。

 そして菅首相の背後で政権を支える仙谷由人官房長官も、「小沢の出馬はない」と見ていた。世論の8割は、いまだ小沢氏に対して「NO」を突きつけている。まともな神経なら、民意を無視して代表選に出馬してくるなどあり得ない。

「出られるものなら、出ればいい。そのほうがスッキリするくらいだ」

 仙谷氏はそう嘯き、余裕の態度を崩さなかった。

 しかし、この状況を一変させたのは、菅首相の優柔不断な態度である。小沢氏の側近など、一部の民主党議員が「小沢氏の代表選出馬を」と騒ぎ始めたとき、真っ先に動揺したのが、菅首相だった。

「首相は8月中旬、軽井沢で静養した際、密かに鳩山氏と会って、小沢氏は本気で出馬するつもりなのか、その真意を確認してもらいたいと依頼しています。鳩山氏は当初、『菅さんと私は特別な関係』などと言って首相支持の方針を打ち出していたので、絶交状態にある小沢氏との橋渡しを懇願したのです」(民主党鳩山グループ議員の一人)

「菅支持」から一転、「大義に基づき小沢支持」を表明した鳩山氏

 菅首相は、ひとたび動き出せば、何をしでかすか分からない小沢氏を怖れた。常識ではあり得ない代表選への出馬も、小沢氏だったらやりかねない。

 自らも復権を図る鳩山氏は、首相から持ちかけられた話に飛びついた。自分なら小沢氏と話ができるとしゃしゃり出て、8月19日には同じ軽井沢の別荘で開いた研修会に小沢氏を招待。

 自らの存在感をアピールすると同時に、小沢氏と水面下での「手打ち」交渉を始めたのである。

 しかし、結果的にはこの鳩山氏の能天気で軽はずみな行動が、事態を決定的にこじらせることになる。

「菅首相の意向を受け、手打ちしたらどうかという鳩山氏に対し、小沢氏は『挙党態勢を取りたいのなら、まずは人事を一新しろ』と要求を出した。小沢外しの急先鋒であり、参院選惨敗の責任者でもある仙谷由人官房長官、枝野幸男幹事長、安住淳選対委員長らの更迭です。

 しかし、それを鳩山氏が首相に伝えたところ、『なかなか難しい』とクビを縦にふらない。小沢氏にしてみれば『ふざけるな。結局、菅はオレと和解するつもりはないじゃないか』と激怒した」(民主党幹部)

 小沢氏は「誠意を示せ」と言わんばかりに、菅首相に対して「自分を取るか、仙谷を取るか」を迫った。ところが、そこで首相は思考停止してしまう。現在は「仙谷政権」と言われるほど、政府における仙谷氏の存在感は大きい。

 官邸の運営、閣内の取りまとめ、さらには霞が関の官僚機構との調整まで、首相はすべてが仙谷氏頼み。その仙谷氏が徹底した「小沢排除論」でいる限り、菅首相は身動きが取れない。

 結局、小沢氏にしてみれば、「菅は仙谷に完全に取り込まれている。もはや信用に値せず」となり、全面対決に踏み切ったのである。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら