upperline

 以前、当連載にてFoursquareという位置情報サービスについてご紹介をしました。位置情報サービスはレストラン、カフェ等の「場所」への「チェックイン」機能を重視してきました。

 しかし、チェックインという機能が本質的に伝えようとしていたこと、それは「カフェを訪れた」という「自分が現在取っている行為」なのです。

 その発想からヒントを得て、現在米国では新しいマーケットが生まれつつあります。それが、本日ご紹介する「エンターテイメントチェックイン」という新たなサービス領域です。それは自分が楽しむスポーツ、テレビ/映画鑑賞、読書等々、人の趣味の領域と触れ合うコミュニケーションツールなのです。

Get Glueのウェブページ。チェックインをすることでバッジが集まるのも楽しい仕組みのひとつ

 今まではパーソナルな経験で完結してしまったこうした人の趣味や行動をパブリックに公開することで、その行為自体に付加価値が生まれたのです。

 本日は、趣味×チェックイン機能で化学反応を起こす急成長中のTuner Fish, Miso, Philo, Get Glue等のサービスを参考にして、それらが世界に与えるインパクトを探ってみたいと思います。

1. 趣味をきっかけに今まで出会えなかった人々とリアルタイムで繋がれる

 あなたは今まで面識のなかった相手でも、趣味を共有していることで話が盛り上がった経験はないでしょうか? そういった刺激的な出会いが日々訪れることは非常に嬉しいことだと思います。しかし、そういった出会いが従来「日常的」には起こらなかった理由、それは「お互いの趣味が可視化されていなかったから」だと思います。

 エンターテインメント分野でのチェックイン機能はその壁を壊す可能性を持っています。デジタル上でお互いの趣味をチェックイン機能で気軽に公開し合うことで、出会いはカジュアルに広がっていきます。お互いの趣味が見えることで、コミュニケーションのきっかけが生まれるのです。

 今後は同じ本を読んでいる人同士で、集まってカフェで読書会を開く、そんな集まりがどんどん増えていくと思います。

2. ユーザーのコンテンツエクスペリエンスが豊かになる

 TV視聴はUSTREAMとTwitterが連動することで劇的に変化しました。同様に、エンターテイメント全体の消費の仕方も大幅に変わりつつあります。 

Philo のウェブページ。右側にはTwitter同様、ユーザーが見ている番組情報が流れていく

 ソーシャルの力、と言ってしまえば在り来たりな議論ですが、ソーシャルメディアの本質的な価値は「同じ時間に同じものを見ている安心感」だと自分は捉えています。

 TV番組へのチェックイン(今この番組を見ているよ!という話題からオーディエンス同士で盛り上がる機能)に特化したアプリケーションのPhiloやTunerFishも

次ページ  あれば、Get Glueとい…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ