菅・小沢対決の最中に囁かれる「民主党政治資金」スキャンダル
数あわせでは勝負は決まっているが

 8月26日、民主党の小沢一郎前幹事長が9月1日告示・14日実施の党代表選出馬の意向を明らかにした。土壇場で鳩山由紀夫前首相の支持を得ての決断だった。

 しかし鳩山氏の支持理由に得心がいかないとする党関係者が少なくない。何より鳩山氏はなぜ、これまでの「菅再選支持」を覆して、突如、「小沢支持」に豹変したのかに関心が集まっている。

 党内勢力図を見れば一目瞭然だが、党内最大グループの小沢グループは150人の衆参院議員を擁し、鳩山グループ60人、そして羽田(孜元首相)グループ10人がすでに小沢氏支持を明らかにしている。

 世を問わず「勝ち馬に乗る」というのが権力闘争の"常識"であり、このままの展開となれば、旧民社党系30人の過半と旧社会党系30人の一部が雪崩を打って小沢氏支持に回る可能性が高くなってきた。数合わせからすると、まさに"勝負あった"である。

 しかし、政界では「一寸先は闇」。これからが権力闘争の本番となる。

 事実、永田町ではこんな話が騒ぎになっている。週明けの8月30日に発売する『週刊現代』が、民主党の政治資金使途に関して「不明瞭な巨額なカネ」が支出されていた事実をスクープしているというのだ。

 今回の小沢氏出馬決断に至る過程でテレビに露出し、先頭に立って旗を振り続けた、最側近を自任する山岡賢次前国対委員長が、小沢氏が代表だった2007年の1年間に、財務委員長として約16億円もの巨額な「対策費」を引き出していたというのである。

 同年夏には参院選挙が実施され、小沢代表率いる民主党が安倍晋三首相下の自民党に圧勝した。しかし、それについては選挙対策費として別途に約12億円計上されている。では、「対策費」とは、いったい何なのか。