中国
共産党創建90周年で中国全土は真っ赤に染まった
北京で見た現代版「赤化運動」

7月1日の偉大なる中国共産党創建90周年を記念して、全国で百花繚乱のイベントが挙行され、中国全土が'真っ赤'に染まった〔PHOTO〕gettyimages

 先週一週間、中国全土が'真っ赤'に染まった。7月1日の偉大なる中国共産党創建90周年を記念して、全国で百花繚乱のイベントが挙行されたからだ。北京で垣間見た、現代版「赤化運動」の一端を紹介しよう。

<看紅影>
  6月15日より、中国中の映画館が一斉に、中国共産党の創成期を美しく描いた国策映画『建党偉業』の上映を始めた。

 これは2年前の'前例'を踏襲したものだ。一昨年10月の中国建国60周年を記念して、『建国大業』という国策映画が創られ、中国を代表する有名俳優・監督ら172人が総出演した。監督は、「中国映画界のドン」こと韓三平・中国電影グループ会長である。この二匹目のドジョウを狙って、やはり韓三平会長が、中国を代表する有名俳優・監督ら178人もを総動員させて『建国大業』を創り上げたというわけだ。余談だが、出演したスターのうち主役級の26人が、すでに中国国籍を捨てて外国国籍を取得していることがインターネット上で暴露され、大騒ぎになった。

 公的機関や国有企業では、「『建国大業』鑑賞日」なるものが設けられ、職務の一貫として、この国策映画を鑑賞させられた。私は中国共産党員ではないが、記念すべき7月1日に、『建党大業』を観に行った。

 私が観た市内東部の繁華街のシネコンでは、何と4つのシアターで一日に、朝から深夜まで計15回も『建国偉業』が上映されていた。自社の新作映画の公開を7月中旬に控えたある映画関係者に聞いたところ、「本来は6月後半に全国公開予定だったが、『その時期は「建党偉業」があるからダメだ!』と急遽当局のお達しが出て、7月中旬まで延ばされた」とボヤいていた。

 だが折からの大雨もあってか、115席もあるのに、客は私と、営業マン風青年の二人だけ! しかもその青年は、いかにも「タダ券もらったし、映画館はクーラーが効いているから入った」という感じで、すぐに鼾が聞こえてきた。

 内容はと言えば、ややエンタメ色を出しながら中国共産党の正当性を描くという、2年前の『建国大業』と同じ展開だった。歴史というのは勝利者のものだと、つくづく感じた次第である。

<唱紅歌>
  今回の共産党の記念日に先がけること2ヵ月ほど前から、商談のアポイントを取った中国人から、直前になって「社内で急用ができたので、面会を1時間遅らせてほしい」といった連絡が頻発するようになった。ある時、ショートメールを見忘れてそのまま出かけて行ったら、先方の会社の正門前の庭先で酷暑の中、50人ほどが声を張り上げて、「♪我が紅い太陽、毛沢東主席が掲げる紅旗は高くはためき・・・」と、合唱の練習をしているではないか。久々に「紅歌」(中国共産党賛歌)を生で聴いた。

 また別の会社を訪問した時には、小会議室で商談をしている最中に、隣の大会議室で突然、「紅歌」の練習が始まった。喧しくて仕方ないが、対面した中国人曰く、「紅歌には誰も逆らえません」。

 このように、全国の公的機関や国有企業の職員たちが総動員され、各地区の「紅歌コンテスト」に参加させられた。まさに同情を禁じ得ないが、北京人の知人曰く、

「北京はまだマシだよ。重慶なんか、3200万人市民全員に、計36曲の『紅歌ベスト』を暗唱させると当局が宣言して、大変なことになっている。6月29日には、『10万人紅歌合唱会』まで開かれたほどだ」。

 そう言えば私も先月、長春に出張に行った時、市内最大の文化広場で、「紅歌コンテスト」が開かれ、大量の市民が動員されていた。かつて日本の関東軍が創った満州国の帝宮広場も、いまや'真っ赤っか'に様変わりした。

中国出版業界を潤す「赤旗バブル」

<読紅書>
  このところ書店へ足を運んでも、赤色の表紙の本が、入口に山積みにされている。時節がら大学受験の案内書かと思いきや、そうではない。「紅書」と呼ばれる中国共産党礼讃本である。「紅書」の'分派'で、「紅星書」(中国共産党スター礼讃本)と呼ばれるシリーズもある。入口どころか、児童書のコーナーにも、絵本に混じって『党旗飄飄 小学校低学年向け』など、「少年紅書」が山積みにされていたのには驚いた。ちなみに中国では、大学受験に「政治」という中国共産党の正当性と偉大性を学習する科目がある。

 「紅書」「紅星書」は、一体誰が好んで買うのかと言えば、一般市民ではなくて、主に公的機関や国有企業、党機関などが、まとめ買いをするのだ。そのため、『中国共産党最初の一筆』(丁暁平著)と『最良の党員を作る』(呉甘霖著)の2冊が現在、それぞれ全中国ベストセラーの1位と4位に輝いている。おかげで長期不況が叫ばれる中国の出版業界は、束の間の「紅泡」(共産党バブル)に沸いているのだ。

<学紅史>
  「中国共産党の偉大なる歴史を学ぼう」というキャンペーンがマスコミで展開され、「紅史特集」が目白押しである。中国中央電視台(CCTV)では、毎日のニュースの時間帯に、「偉大歴程」と題された模範共産党員たちを紹介する特集番組が流されている。また、特別大河ドラマ『井崗山』(全36話)が連日、放映中だ。井崗山は、毛沢東が1927年に初めてパルチザンの革命拠点にした江西省の山である。気になって一話分見てみたが、ストーリーが冗漫で、かつ毛沢東役の王雨英の演技がイマイチだった。

 中国国営新華社通信は、このほど『我が100年の前半生』という本を上梓した101歳の「党創建を知る将軍」の長い手記を打電した。この三審陽在住の曽思玉将軍は、1910年生まれで、片親の貧民家庭に育ち、13歳で雑貨屋務めを始め、16歳で共産党革命に参加。毛沢東の長征に同行し、新中国建国後は朝鮮戦争に出征し、1955年に中将に昇進・・・と、まさに人民解放軍の生き証人とも言える人物だ。思えば90年代前半くらいまでは、この手の人たちがゴロゴロしていたが、いまや本当に希少価値になった。

<走紅路>
  旅行業界も、「紅泡」の恩恵に授かろうと、負けてはいない。中国共産党の革命ゆかりの地を周遊する「走紅路ブーム」が、全国各地で起こっている。新華社通信が、全国12ヵ所の「重点紅色旅遊景区」を指定したのを始め、各旅行代理店が、それぞれの地域で「走紅路ツアー」を組んでいる。

 だがこれらのツアーは、一般観光客向きではなく、専ら公的機関、国有企業、党機関、学校などの「団体様向け」である。私の知人にも、このほど北京近郊の石家庄の「走紅路ツアー」に参加してきたという中国人がいる。彼に感想を聞いたところ、日本語に直訳すると、「旅行に行かされてきた」という表現していた。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら