検査の"正常値"は患者を増やすための手段か?


加齢とともに血圧やコレステロール値が高くなるのは自然な成り行き。 血糖値、血圧、コレステロール値、中性脂肪など、日本にはたくさんの正常値や標準値があるが、実は、基準値は年齢を考慮していない。

【HBR会員誌2011年4.5月合併号「医療・検査・判定の常識・非常識トピックス」より】

 加齢とともに血圧やコレステロール値が高くなるのは自然な成り行き。

【図1】 総コレステロールの基準値は、年齢を考慮することなく130~129mg/dl。東海大学医学部教授の大陽一先生が、大規模データベースをもとに解析した総コレステロールの基準範囲を見ると、特に女性に加齢変化が大きい。
拡大画像表示

 血糖値、血圧、コレステロール値、中性脂肪など、日本にはたくさんの正常値や標準値があるが、実は、基準値は年齢を考慮していない。だから患者は増え続ける!?

「20歳の若者から80歳の高齢者まで、血圧の正常値は同じ。昔は、年齢プラス90だった。年齢を加味していた分だけ、実は昔のほうが科学的だったかもしれませんね」と語るのは、医師・ジャーナリスト富家 孝先生。

「現在、コレステロールの正常値は150~220mg/dlで、日本には2300万人の高コレステロール血症の患者さんがいると推定されますが、正常値を240未満にすると、患者さんは1300万人減少します。患者が減り、薬をのむ人が減ると困るのは、医者と製薬会社ですね。加齢とともに血圧やコレステロール値も高くなるのが普通です。年齢を考えない正常値は、いたずらに患者を増やし、薬を売るための手段だと言われても仕方がないでしょう」と言うのは新渡戸文化短期大学学長 中原英臣先生。

 (中略)

薬で検査値を改善しても寿命は延びない?

 高血圧の治療薬の目的は、「血圧を下げること」で、確かにその効果は証明され、副作用についても重大なものは認められていない。素晴らしい薬だが、それが長寿に結びつくのだろうか? 

 1985年に英国の医学雑誌に発表された研究によると、長い年月にわたり血圧の薬をのみ続けると、心筋梗塞や自殺、事故などで死亡する割合が高いことが明らかになった。

 「もとから検査数値がいい人ほど長生きするのは事実ですが、薬で検査数値を下げれば長生きできる、と勘違いしている人が多いような気がします。私たちの最終ゴールは健康長寿です。生活習慣を改善せずに薬に頼って検査数値を正常にしても、寿命が延びるとは限りません」と言うのは、新潟大学大学院医歯学総合研究科 予防医療学分野教授岡田正彦先生。

【取材協力者プロフィール】
医師・ジャーナリスト
富家 孝 先生
1947年大阪生まれ。生家は16代続く医家。'72年東京慈恵会医科大学卒業。開業医、病院経営、日本女子体育大学助教授、早稲田大学講師、青山学院大学講師を 経て、現在はメディカルサポートサービス取締役。新日本プロレスコミッションドクターなどを務める。格闘技通としても有名。
著書は『病気と闘うな 医者と闘え』(光文社)、『医者が秘密にしておきたい病気の相場』(青春出版社)、『医者しか知らない危険な話』(文春文庫)など60 冊以上。

新渡戸文化短期大学学長
中原英臣 先生
1945年東京都生まれ。医学博士。東京慈恵会医科大学卒業後、'77年より米国セントルイス・ワシントン大学でバイオ研究に従事。ニューヨーク科学アカデミー会員。山梨医科大学助教授、山野美容芸術短期大学教授などを経て2008年より現職。専門は公衆衛生学、感染症学。テレビのコメンテーターとしても人気。
おもな著書に『テレビじゃ言えない健康話のウソ』(文芸春秋社)、『健康診断・人間ドックが病気をつくる』(ごま書房)『日本「優国」論』(中公新書)など。

新潟大学大学院医歯学総合研究科 予防医療学分野教授
岡田正彦 先生
1946年京都府生まれ。'72年新潟大学医 学部卒業後、同医学部附属病院内科研修医、脳研究所助手などを経て'90年より医学部教授に就任。専門は予防医学、大規模臨床データの統計解析、予防に寄 与する検査法の開発など。2002年に臨床病理学研究振興基金「小酒井望賞」を受賞。論文発表は555編にのぼる。
おもな著書に『検診で寿命は延びない』(PHP新書)、『がんは8割防げる』(祥伝社新書)、『人はなぜ太るのか』(岩波新書)など。

取材・文/宇山恵子
引用:HBR会員誌2011年4.5月合併号p21-22
 

HBR Health & Beauty Review ヘルス&ビューティー・レビュー

美容と健康の本当のこと。

まずは無料の見本誌を

連載記事のバックナンバー

新着記事

HBRのご案内

記事ランキング

おすすめ記事