upperline

 ハイチ、チリでの地震、フロリダでの原油流出事故、そしてパキスタンでの洪水等、次から次に起こる巨大な災害に立ち向かう危機対応サービスとして、「ウシャヒディ(Ushahidi)」(スワヒリ語で「証言」、「目撃者」という意味)という、あるウェブサービスの存在感が世界的に増しています。

 ウシャヒディは2008年の初め、当時31歳の女性弁護士、ブロガー、活動家であるオリ・オコーラ氏のひとつの小さな行為から生まれました。

 前年末にケニアで実施された大統領選挙での不正疑惑に対し、国内各地で暴動が勃発、報道規制が敷かれる中、オコーラ氏は現地での状況を絶え間なくブログに掲載していたのです。どの地域でどのような暴力事件が起きたか、被害状況等に関し、更新を続けていたのです。

 すぐに一人で情報更新することが追いつかなくなり、ブログに助けを求めました

「誰かエンジニアの人で、グーグル・マップス(無料地図情報サービス)を使って暴動発生箇所と破壊状況のマッシュアップ(融合)サイト作ってくれない?」

 すぐに二人のエンジニアが手を上げ、約3日間の週末作業で作られたソフトウェアが、危機災害時の情報集約ビジュアルサイト、ウシャヒディの始まりでした。

 機能は至ってシンプル。eメール、携帯電話からのショートメッセージ(SMS)、ウェブサイトからのフォーム、そしてTwitterから寄せられた現場での情報が、位置情報を添えて、ひとつのサイトに掲載されるというサービスです。

 緊急時になかなか手に入らない事件勃発箇所、救助の必要な場所等の情報が、数多くの現場の被害者、ボランティアから寄せられることで、時系列、地域毎に整理され、一覧での可視化が可能になります。

What is the Ushahidi Platform? from Ushahidi on Vimeo.

 ケニアで4万5千もの人に利用されたソフトは、後にオープンソースとして公開されました。メキシコインドでの選挙活動の監視に、戦争中の中東ガザ地区の武力行為の状況把握に、また思いがけないところではワシントンDCでの除雪作業等に到るまで、ウシャヒディは数多くの危機・災害の際に、公共的な目的で利用されるようになったのです。世界中のエンジニアにより改良が加えられ、延べ4000回以上のダウンロードがされました。

次ページ  世界的なスポットライトを浴び…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ