菅と仙谷「小沢は死んだ」 憎悪と恐怖でぶち切れた
暗闘・陰謀・保身・流血 9・14民主代表選のウラ
週刊現代 プロフィール

 敗北、すなわち政治的な「死」。民主党議員はいま初めて、権力を持つ者が避けて通れない「業」に直面している。守る菅・仙谷と、攻め寄せる小沢。仇敵を捻り潰した者だけが、生き残りを許される。

小沢の「大どんでん返し」に怯える菅直人

 昨年、衆院選で圧勝して政権交代を果たした民主党が新政権を樹立した日(9月16日)から、およそ1年。日本の政界は、再び大きなターニングポイントを迎えることになる。

「この戦いで負けたほうは、政治生命を確実に失うことになるだろう。それが菅直人か、小沢一郎か、仙谷由人か。それはまだ分からない」(民主党長老議員)

 8月19日に軽井沢で行われた鳩山由紀夫前首相グループの研修会。ここに、小沢一郎前幹事長が参加するとの情報が流れた時、永田町は震撼した。

 鳩山・小沢両グループの「反菅・決起集会」と目されたこの会に、小沢氏本人が参加することは、特別な意味を持つ。それは9月14日の代表選に向け、小沢氏が「重大決意」をした可能性を示唆しているからだ。

 一方の菅直人首相は、その直前まで同じ軽井沢で静養し、英気を養った。休暇明け、会見に臨んだ首相は「お久しぶりでーす」などと記者団に話しかけ、妙に上機嫌。

「休暇中に日本の政党政治の歴史をあらためて学んだ。過去には政党同士がスキャンダル暴露合戦で足を引っ張り合い、結果として軍部が台頭、戦争に至った。われわれもこの歴史を考えなければならない」

 などと語り、与野党の協力と、政権の安定化を政界関係者に促した。

 首相が表面的に生気を取り戻したのは、下落を続けてきた支持率が、このところ下げ止まっているからだという(参院選直後の38%から、8月は44%に上昇=読売新聞調べなど)。

 さらに、その結果、党内では「やはり首相をコロコロ替えないほうがいい」という意見も増えた。民主党の石井一副代表は、本誌の取材に対しこう語る。

「現在の党内に、頭(代表)を替えようと考えている者は、それほどいないはず。先の両院議員総会で菅代表が選ばれたことには、民主党全体の責任がある。選挙に負けたからと言って代表をやたらと替えるのでは自民党と同じで、政権運営能力が問われてしまう」

 菅首相は周囲に、

「やるべきことをやっていれば、支持率はきちんと得られるじゃないか」

 そう漏らし、余裕の表情を見せた。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら