雑誌
スクープ!福島第一原発現場からの内部告発
流れ出す放射能汚染水

ここは地獄、そして国民は何も知らない
〔PHOTO〕gettyimages

 溶けた核燃料を冷やすため、3ヵ月以上にわたって注入された水は、11万tを超える超高濃度汚染水へと姿を変えた。危機が、次の危機を招く。いつ果てるとも知れない恐怖、それが原発事故なのだ。

人間は近寄れない

「工程表は、ほぼ予定通りに進捗している」

 東京電力の武藤栄副社長(原子力・立地本部長)は、6月17日の記者会見で、そう言い放った。

 政府・東電による福島第一原発の事故処理の「工程表」では、7月中旬までに「原子炉の安定冷却を行う」としている。期限まであと1ヵ月足らず。武藤氏は「できる」と公言した。

 しかし、メルトダウンした原子炉の処置が、そんな短時間でできるのか。

〈1ヵ月で循環冷却するって? どうしてできるのって思う。・・・どうやったら1ヵ月でできるのか、解らないよ〉(6月17日)

 東電幹部に、そう異議を唱える人物がいる。しかもその人物は、福島第一原発の現場で実際に復旧に当たっている作業員の一人だ。

 東電と政府は、「原発事故は収束する」とのアピールを繰り返している。したがって、それを鵜呑みにしている国民も多い。だが実際に作業に当たっている人々からすれば、実態は「収束」とは程遠い。

〈問題1.夏場の作業員の働く時間を制限する? 時間が短いってことは人海戦術ってこと。どこに作業員の余裕があるのかなぁ? 問題2.1~3号機の原子炉建屋は高線量なのに、被曝管理、制限する? どこにいっぱい作業員がいる?〉