雑誌
本誌独自調査
関東1都6県の「放射線汚染度」すべて明かす!

シーベルトは放射線が人体に対して与える影響の度合いを表す。ベクレルは放射性物質が放射線を出す能力の値を表す
拡大画像表示

 東京の空間と土壌、関東全域の汚泥処理施設を徹底的に調べた。葛飾区0・28、板橋区0・26、東京大学0・17マイクロシーベルト・・・私たちは汚染された中で生活していたのだ!

 これまで私たちが受け取っていた空気中の放射線量の情報は、正しく危険を知らせる数値ではなかった。文部科学省の委託を受けた各都道府県は、環境放射線を計測する装置「モニタリングポスト」を設置している。だが、東京(新宿区)では地表から19・8m、千葉県(市原市)6~7m、神奈川県(横浜市)は23mの地点に置かれ、我々の生活空間の線量を測っているとは、とても言えない状態が長く続いていたのだ。

 だからであろう。6月15日から1週間かけて、東京都は都内100ヵ所を対象に、地上5cmと1mそれぞれの高さで放射線量の計測を開始した。東京都環境保健課は、「人の生活空間である地上1mと、子供はより地面に近いところで遊ぶだろうと5cmの高さで計測することにした」と主旨を説明する。要は、福島第一原発の事故から3ヵ月経って、ようやく住民のニーズを汲み上げたわけである。

 そして、都下の複数の自治体も計測を始めた。都や各自治体などの調査結果をまとめたのが上の図表である。6月19日までの都の調査で、最も高い0・28マイクロシーベルトを記録した葛飾区も、6月2日から区内7ヵ所の区立公園で週1回の独自調査をスタートしている。

「葛飾区内にホットスポットがあると言われますが、他の自治体と測定機器、場所など、条件が一致していない中での結果なので、単純に比較するのは難しいと思います。健康に害を及ぼすほど、すべての放射能がここに集まっているとは考えておりません」(葛飾区環境課)

 また、足立区では、'99年にJCOの臨界事故(茨城県東海村)が起きた際、すでに計測機器を購入し、月1回の測定を続けていたと説明する。

「震災の翌日から毎日計測しています。'10年度の年間平均が0・06マイクロシーベルト(毎時)でしたが、原発事故の後は、数値的にはケタが一つ違ってきています」(足立区環境保全課)

0・16マイクロシーベルト

 一方、文京区では、まったく計測をしていない。同区環境政策課が説明した。