メディア・マスコミ
調査報道NPOは弱体化する新聞の救世主か
報道部門の大リストラが相次ぐ中で
調査報道NPO「ウォッチドッグ・インスティテュート」創設者のロリー・ハーン。

 南カリフォルニア・サンディエゴ唯一の地元紙、サンディエゴ・ユニオン・トリビューン(SDUT)。2006年、地元選出の下院議員ランディ・カニンガムの収賄事件を暴いてピュリツァー賞を受賞するなど、前途洋々だった。

 編集局の陣容は400人。このうち、サンディエゴの地元ニュースを扱う「メトロデスク」だけで100人の記者を抱えていた。メトロデスクの編集責任者ロリー・ハーンは、数年後にSDUTを飛び出し、調査報道専門の民間非営利団体(NPO)を立ち上げることになるとはつゆ思わなかった。

 2009年春、SDUTは経営難から身売りを強いられた。身売りと前後して、大リストラの嵐が吹き荒れた。早期退職やレイオフを通じて編集局の陣容は100人台へ急減。かつてのメトロデスクの規模と大して変わらなくなった。ピュリツァー賞受賞の原動力となったワシントン支局は閉鎖された。

 そんな状況下で、有力インターネット新聞「ハフィントン・ポスト」が7月21日に特ダネを放った。独自の調査報道に基づいて、下院議員ブライアン・ビルブレーのスキャンダルをにおわせたのだ。ビルブレーは、カニンガムの辞任に伴ってサンディエゴ地区で選出された下院議員だ。

 ハフィントン・ポストは、議会スタッフで作る葉巻愛好会に焦点を当て、「葉巻愛好会とは名ばかりで、実態はロビイストが議会スタッフや議員にすり寄るための道具」と断じた。この愛好会の発起人兼会長がビルブレーだ。

 ビルブレーは「第2のカニンガム」になるのか。その可能性が少しでもあるなら、カニンガム報道でピュリツァー賞を受賞したSDUTの出番だ。カニンガム同様にビルブレーはサンディエゴ地区選出の下院議員であり、同地区選出の下院議員のスキャンダルは地元ニュースだ。

 にもかかわらず、ビルブレーをめぐるニュース競争では、SDUTはハフィントン・ポストにあっさりと抜かれてしまった。ハフィントン・ポストはサンディエゴとは縁のないウェブサイトであるにもかかわらず、である。

 無理もない。SDUTはすでにワシントンから完全撤退し、ビルブレーを常時監視できる体制にはなかった。親会社コプレー・プレスを含めると、ピュリツァー賞受賞時に10人いたワシントン駐在記者数は支局閉鎖前に4人、閉鎖後にゼロになっていた。