民主党代表選よりデフレ、円高、大不況を何とかしろ!

 民主党代表選をめぐるチキンゲームは、猛暑の不快指数を倍増させている。9月14日までつきあわされるのはウンザリだ。

 ついこの間、総理と幹事長の職を辞した2人が軽井沢に集まって、バーベキュー。なんと160人もの民主党国会議員が集結したとか。「気合だ、気合だ、気合だぁ」の三唱に至っては、「あんたらバカか」と思った人が多かった。

 小沢一郎氏が、代表選に出る出ないにかかわらず、民主党内権力構造は、小沢 vs. 反小沢となっている。ここで小沢氏がダミーを立てたり、水面下で握ってステルス支配を続けることは、日本の政治がの閉塞感を増長させる。

 一方、菅直人総理は1年生議員を囲い、「首相がコロコロ変わっていたら安定しない。3年後にダブル選挙をやればいい」と解散権まで封印して媚びを売った。

 もし、小沢氏をとり込んで挙党体制を作ることになれば、それは世論が許さない。小沢氏を重要ポストにつければ、小沢支配との烙印を押され、菅氏自らも沈んでいく。

 菅内閣の支持率が回復しているかのように見えるのは、他に代わる人がいないからであり、コロコロ代えるのは日本の恥、という実に消極的理由で支えられているにすぎない。

 今のような先行き不透明な時代、国民が総理に期待するのは指導力であり、実行力だ。菅氏にはそれが見えない。

 強制起訴の可能性が残る小沢氏は逆。自民党にあっても民主党にあっても、幹事長・代表時代は常に暴走ぎみの指導力・実行力を発揮した。結局、民主党には小沢一郎という自爆装置がある限り、政界再編が不可避の宿命として課せられているようなものだ。

 菅氏も小沢氏も似たように危うい存在だ。菅氏の危うさは、その日和見主義にある。菅氏の政治の師匠である市川房枝女史は、戦前、婦人参政権を求める運動を展開した人だが、戦時体制下では、国策に協力し、大政翼賛体制の一翼を担った(大日本婦人会、大日本報国言論会)。