upperline

 ニューヨークに拠点を持つ非営利団体「ドナーズチューズ(DonorsChoose.org)」は、公立学校の先生と教育改善に関心を持つ個人をオンライン上で繋げる寄付サービスサイトを運営し、設立から10年を迎えています。

 そのユニークな点は、寄付の対象が大きなチャリティの団体ではなく、全米の公立学校の先生により提案される、子供たちのための「具体的な」教室でのプロジェクトである点です。

「教室で使う30人分のノート、ペン、クレヨンが欲しい(170ドル)」、「化学の実験に使う器材が欲しい(1100ドル)」、「生のアートに触れさせるために地域の美術館に連れていきたい(700ドル)」、「音楽プログラムのための16台のギターが欲しい(1000ドル)」というようなリクエストが、やる気に満ちた先生の提案とともに写真付きでウェブサイトに掲載されています。

 その背景には多くの公立学校では予算が非常に限られていて、特に貧困地域の学校では、先生が時に「自腹」で教材、文具等を購入しなければいけないこともある、厳しい現実があります。

 テーマや地域等で興味を持った個人が、プロジェクトに対して最低1ドルから簡単にオンラインに寄付をすることができます。目標寄付額に達した場合、リクエストしたものが直接ドナーズチューズから教室に送り届けられます。

 寄付金は税控除の対象になり、規定の期間中に目標額に達しない場合には、他のプロジェクトを選ぶか、ドナーズチューズにより緊急性の高いプロジェクトに充てられるか、或いは当初選んだ先生による別のプロジェクトに寄付することが可能です。

 設立から10年で延べ約5500万ドルの寄付が、約14万件のプロジェクトに、合計約330万人の子供たちに届けられています。

 

次ページ  寄付提供者には送られた物品等…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ