経済の死角

茂登山長市郎[「サンモトヤマ」代表取締役会長・89歳]

「ヨーロッパのリゾート地の
ようになってほしいから」

2010年08月22日(日) セオリー
週刊現代
upperline
別荘の設計は横山大観の甥でもある建築家の土浦稲城さんに一任した。ハッピー・ヴァレーを覗きこむように斜面に突き出したテラスは最高に気持ちのいい場所だ 〔PHOTO〕言美 歩(以下同)

 銀座の並木通りに本店を構える「サンモトヤマ」は1967年から軽井沢に支店を出し続けている。

 そこには茂登山さんの強いある思いが込められていた。

[取材・文:塩見弘子 編集:新井公之]

ここでは何もしないでボーっとしているのがいいんだ

 旧軽井沢のメインロードからちょっと横道に入ると、ハッピー・ヴァレー(幸福の谷)に沿って苔にびっしり覆われた石畳があらわれてくる。その石畳をガタガタ上り詰めたところに深い緑に覆われた一軒の別荘が顔をのぞかせた。

 「ほらほら遠慮しないで、自分の別荘だと思って気楽にやってください。どう?  気持ちいいでしょ。ここは地形の影響と寒暖の差があることも手伝って、夕方ともなると下から坂に沿って靄が上がってくる。これを、"風が立つ"というんだね。そう、堀辰雄はここで『風立ちぬ』の終章を書いたんだ。こんな素晴らしい自然のなかにいてごらん、もう何もしたくなくなりますよ」

 傾斜地に張り出したデッキから、歯切れのよい江戸っ子弁がポンポン飛び出してくる。声の主は、今年89歳になる茂登山長市郎さんだ。

 茂登山さんがこの別荘を持ったのは、1961年。当時はまだ関越自動車道もなく、碓氷峠を越えて汽車に長時間揺られてくるような場所だった。避暑客は政財界人や文化人、またバカンスの習慣のある欧米人などごく限られた人たちだけだった。

 川端康成氏の別荘も目と鼻の先。生前は茂登山さんの別荘にも散歩がてら、ふらっと顔を見せてくれることもあったそうだ。

 「『茂登山くん、ここは面白いおうちだね』 なんて言ってね。昨日のことのようによく覚えてますよ。昔はお互いの家の境に塀なんてつくらなかったから、自分の庭を誰かが通っているなんて普通だった。うちから万平ホテルまでも歩いてまっすぐ降りていけたんです。でもね、当初この軽井沢に来ようと思ったのは、のんびり優雅な時間を持つためではなかったんです」

運と縁が味方してくれたおかげで軽井沢に辿りついた

 1959年に、初めて軽井沢を訪れた茂登山さんは、この地に導かれた経緯を振り返り不思議な"運"と"縁"を感じざるをえないという。

 茂登山さんの祖父は、東京・日本橋でニット製品をいろいろ扱うメリヤス問屋。二代目を父、三代目は長男の茂登山さんが引き継ぐつもりだったが1941年、太平洋戦争に召集され中国の天津へ。そこで見た旧租界の店舗のショーウインドウが商売人の血をひく茂登山さんの心に火をつけた。

次ページ  「ショーウインドウにはダンヒ…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事