驚愕の深層レポート 新たなる公安組織< Ⅰ・S >の全貌 後編
政・官情報をメディアに還流させ"事実"を作る
諜報機関の「真の目的」 青木理(ジャーナリスト)
辻元清美氏が社民党離脱について会見。「社民党崩壊の予兆」と煽る文言が、メディア−警察間を行き来する 〔PHOTO〕眞弓 準

前編 はこちらをご覧ください。

 『日本の公安警察』の著者が辿り着いた、誰も触れたことのない「世論誘導装置」

 諜報機関・公安警察には「オモテ」と「ウラ」の極秘部隊が存在する。オモテの<I・S>が集める政界情報は、一見、他愛ない四方山話だ。が、その情報量でメディアを手玉に取り、"世論"を作っていたとしたら・・・。

[取材・文:青木理(ジャーナリスト)]

 私が知る複数のメディア関係者の元には、警視庁の公安警察官から電子メールが頻繁に送られてくるという。そこに記されているのは、主に永田町で飛び交う政界情報だ。

 最近では辻元清美・衆院議員の社民党離党の情報が"速報"された。参院選の期間中には民主党政権の支持率が数日ごとに伝えられ、当選が確実視されていた現役閣僚である千葉景子法相の敗色が濃くなる様子も、手に取るように分かったという。

 政局の話題ばかりではない。特定の政治家にまつわる"噂話"が記されることもある。メディア関係者の一人が言う。

「裏付けの取れない情報ではありますが、政治家の女性関係や金銭にまつわるものでした」

 別の夕刊紙記者は、他メディアの記者とともに、某県警の公安警察官を囲んでの"懇親会"を定期的に開いている。主に話題となるのは、やはり政界関連の情報だ。この夕刊紙記者の話。

「確度の高い情報から噂話の類に至るまで、とにかく永田町情報に詳しいので参考になるんです。特に(創価)学会や公明党絡みの情報は異常なほど精通していますね。それ以外ではメディア業界内部の動向も良く把握しています。幹部の人事異動や、どの記事を誰が担当したのかなど、私より知っていましたから」

 広汎なメディア記者と頻繁に接触し、政界情報などを提供する「公安警察官」の存在は、私にとって少々驚きだった。かつて公安警察を長く取材した経験に照らせば、幹部はともかく、一線の公安警察官は極めて特殊な分野の情報収集に邁進し、メディアとの接触など忌避するのが一般的だったからだ。