『検察の大罪 裏金隠しが生んだ政権との黒い癒着』 著者:元大阪高検公安部長 三井環
『検察の大罪 裏金隠しが生んだ政権との黒い癒着』
著者:元大阪高検公安部長 三井環
講談社
定価1500円(税込)
⇒本を購入する(AMAZON)
◎担当編集者よりの紹介◎

 本書は、検察庁で秘密裏に行われてきた裏金作りを内部告発しようとして、口封じ逮捕された現職の検事による、検察の闇を告発する書です。

 「検察の暴走」や「機密費」が、世間を賑わせていますが、社会正義を実現するはずの検察は、内部に「裏金作り」という闇をかかえています。これを隠し通す限り、検察の正義は自己矛盾に陥り、その捜査はゆがんだものにならざるをえません。

 そして検察の抱える闇は、政権によっても利用され、政治事件の理不尽な捜査や、国策事件までを生み、検察暴走のもとになっています。

 著者は、検察の矛盾を自らの身に引き受け、でっちあげ事件で逮捕され、服役し満期出所したいま、命をかけて検察の大罪を告発しようとしています。本書では、検察がメンツで生み出す冤罪、検察と暴力団の癒着の告発に始まり、検察改革への根本的提言までが詳細に語られています。

 そして冒頭には、今回初めて三井環氏を取材し、放映した「ザ・スクープ」キャスターの鳥越俊太郎氏による、渾身の検察批判が掲載されています。

【内容構成】

特別寄稿 検察は汚れた服をきれいに洗え 鳥越俊太郎

序 章 検察の闇を告発する ●出所前の怒り ●仮釈放は却下に・・・

第1章 「けもの道」を行く検察 ●真っ黒な事件を真っ白に ●裏金報道を隠すための逮捕・・・

第2章 でっちあげ逮捕とその裁判 ●三井の首を取れ ●裏金作りを論じない検察・・・

第3章 二億円をめぐる検察と暴力団の癒着 ●射殺事件の深い闇 ●核心的証言に辿りつく・・・

第4章 国民の敵 検察 ●嘘のリークで「悪徳検事」に ●いきなり逮捕して大失態・・・

第5章 法務検察のあるべき姿とは ●職をかけて逮捕 ●調査活動費全廃を・・・

終 章 真実を露にするとき ●原田検事総長は裏金を認めた ●全面謝罪以外、道はない・・・

* * *

第一章 

「けもの道」を行く検察

検察は終わりだ

 私が裏金告発するようになった当初の動機は、加納駿亮大阪地検検事正に対する人事権の濫用に対する不満があったためである。

 ある収賄事件で、捜索と差し押さえを先行しないで、いきなり大学の講師を逮捕し、後で無罪の証拠が発見されたことがあった。その暴走を私が咎めたのだが、その捜査の統括責任者が加納だった。加納のメンツを潰したこととなり、それによって私は加納から逆恨みされ、人事や給料での嫌がらせを何度も繰り返し受けた。

 そこで私はなすすべもなくなり、検察首脳が組織的に行う裏金作りとその乱用について、加納をターゲットに、最高検察庁に匿名で刑事告発をしたのである。

 だが、これに対して、ときの原田明夫検事総長は、平成一三年一一月、加納をろくな捜査もせずに、「嫌疑なし」とした。検察組織全体としてこの問題の幕引きを図ろうとしたのだ。原田検事総長のこの判断に、私は「検察は終わりだ」と思った。

 そして私は腹が立って仕方がなくなった。原田検事総長による「けもの道」(後述)の選択が、私が「義憤」に駆られて検察の裏金問題を告発するきっかけとなった。私が検事の職に就いたときに抱いていた、「検事」としてあるべき姿、組織にどっぷりつかって忘れかけていた、「正義を体現する」という姿を呼び覚ますことになったのである。

 原田検事総長は、まさか現職の検事が告発するなど考えもしなかっただろう。原田検事総長の選択は、検察自らが正義を捨て、不正義を選択したことと同義だ。犯罪を犯したものがその犯罪を隠蔽するなどという「不正義」「悪」はないだろう。最強の捜査機関が表では犯罪を検挙しながら、裏では自ら犯罪を犯し、これを隠蔽しているのだ。