昼間に眠気があると目に入った高カロリーの食べ物が我慢できなくなる!


米国・ミネソタ州ミネアポリスで、2011年6月11~15日に会際されたSleep2011第25回記念大会で、ハーバード大学のWilliam Killgore博士らが発表した研究で、昼間に眠気がある場合、高カロリーの食べ物を見ると、食べるのを我慢できにくくなりやすいことがわかりました。

 米国・ミネソタ州ミネアポリスで、2011年6月11~15日に会際されたSleep2011第25回記念大会で、ハーバード大学のWilliam Killgore博士らが発表した研究で、昼間に眠気がある場合、高カロリーの食べ物を見ると、食べるのを我慢できにくくなりやすいことがわかりました。

 博士らは12人の健康な男女(19歳から45歳)を被験者に、高カロリーの食べ物の写真と、低カロリーの食べ物の写真、比較対照として植物と岩石の画像をそれぞれ見せながらfMRI(機能的磁気共鳴画像法)で脳画像を撮影し、それぞれの写真に対する脳の反応が調べられました。

 それに引き続いて被験者はEpworth Sleepiness Scale(エプワース眠気尺度)で、日中の眠気が測定されました。この尺度は質問に、「0=眠ってしまうことはない。」「1=時に眠ってしまう。」「2=しばしば眠ってしまう。」「3=だいたいいつも眠ってしまう。」の数字で回答し、その合計得点で日中の眠気を測定するものです。

 質問は
「1.座(すわ)って読書中。」
「2.テレビを見ているとき。」
「3.人の大勢いる場所(会議や劇場など)で座っているとき。」
「4.他の人の運転する車に、休憩なしで1時間以上乗っているとき。」

「5.午後に、横になって休憩をとっているとき。」
「6.座って人と話しているとき。」
「7.飲酒をせずに昼食後、静かに座っているとき。」
「8.自分で車を運転中に、渋滞や信号で数分間、止まっているとき。」

 以上の8項目。

 データを分析した結果日中の眠気が高い場合、大脳の抑制機能に関わる前頭前野の活動が、魅力的な高カロリーの食べ物の写真を見たとき、眠気がない場合に比べて低下していることがわかりました。これは「抑制せよ」という指令が、脳から出にくくなっていることを示しています。

 博士らは現代社会では、人々が慢性的な睡眠不足に陥りやすく、それが高カロリー食に対する脳の抑制機能低下というメカニズムで、肥満の増加へと直接繋がることが、この結果から示唆されたのではないかとしています。

医療ジャーナリスト 宇山恵子
 

HBR Health & Beauty Review ヘルス&ビューティー・レビュー

美容と健康の本当のこと。

まずは無料の見本誌を

連載記事のバックナンバー

新着記事

HBRのご案内

記事ランキング

おすすめ記事