英国ハイテク企業はマレーシアを目指す
ダイソン、その強さの秘密に迫る【後編】 取材・文 小林弘人

なぜ日本のメーカーにはつくることができないのか
強度テスト自動的にゴミを吸いながら幾度となくカーペットの上を往復させる (左) 横から見たところ(右) 〔PHOTO〕小林弘人(以下同)

【前編】 はこちらをご覧ください。

マレーシア進出の理由

 さて、これまでダイソンの革新的な技術について述べてきたが、実は英国南部に位置するウィルトシャー州にあるダイソン本社では製品の製造を2000年より行っていない。

メイバン社のエントランス自動化された設備が整然と並ぶメイバン社内自動化された工程のなかに、人の目による検品が組み込まれている

 前述のダイソン・デジタルモーターを生産するのは、シンガポールにあるメイバンという会社だ。

 同社の研究開発チームリーダー、デュー・フェー・キック氏によれば、同ラインは2009年に生産開始し、年間82万個から最大時には125万個の生産を行っているそうだ。同工場の生産力は、16.4秒で組み立ててしまう。

 ダイソンの説明では、ダイソン・デジタルモーターへの設備投資として300万ポンドを投じたようだ。このメイバン社はダイソン製品のエンジンを供給する重要な拠点となっている。

 ダイソン・デジタルモーターはシンガポールで開発・生産されているが、そのほかの部品は隣国のマレーシアで生産されている。

 その中核を占めるのがダイソン・マレーシアだ。同社とそれ以外の協力会社(サプライヤー)は、マレーシア最南端のジョホール州の州都ジョホールバルに位置し、シンガポールへは車を使って1時間内で行き来することが可能だ。

 このジョホールバルには国際空港も完備され、自治体を挙げて世界中のハイテク企業進出を歓迎している。

ダイソン・マレーシア社屋外観。シンガポール国境近くのジョホールバルに拠点を構える

 ダイソン・マレーシアのシニアデザイン・マネージャー、ロス・バスコー氏によると、2002年、ダイソンは英国本社の役割を全世界市場のマーケティングと新しい製品アイデアを立案する"イノベーション・センター"として定めたという。

 現在、新しい製品アイデアの考案から設計デザインまでを英国が行い、そこから先の製造に向けての全工程をマレーシアで行っている。

 操業当初、現地のサプライヤーは1社のみで、約50名が働いていたそうだ。それから、サプライヤーの数は4社となり、社員数も500名まで増えた。そのうち、80%がデザイン・エンジニアとして働き、英国の本社からは30名~40名が派遣されているという。

 総面積12,000平米の敷地をもつダイソン・マレーシアを中心に地元サプライヤーを含めた"ダイソンの工場"は、2002年に50万台を、そして2008年には400万台と8倍の伸びで生産台数を増やしてきた。今後、ダイソン・マレーシアではさらに140名のエンジニア採用を予定しているという。

白衣を着たスタッフにはマレーシア人女性が多く見受けられるダイソン・マレーシアの女性スタッフたち

 ダイソン・マレーシア以外にジョホールバルでは、組立から出荷まで手がけるVSI社、外装などのアクセサリー類を受け持つAKA社がある。生産ラインはそれぞれサプライヤーが保有し、設備投資についてはダイソンが出資するといった提携を行っているようだ。

 では、ダイソンが、このマレーシアを選んだ理由は何だろうか。

 前出のバスコー氏によれば、英語によるコミュニケーションが容易である点(英国植民地時代の名残として公用語としての英語は根付いているようだ)、さらにエンジニアリングのスキルが高く、技術への理解が深いという二点を挙げていた。

 また、英国で生産していた頃、マレーシアのサプライヤーの品質がもっとも高く、原材料も安価に調達できたため、最終的に同国への生産拠点移設に至ったようだ。

プラスチック射出成形の鋳型が並ぶVS社工場(左) VS社内の組み立てライン(右)

 マレーシア・ダイソンの採用活動は、イギリス人、マレーシア人はもちろんのこと、お隣のシンガポール、フィリピン、中国からの採用者もいる。

 筆者の印象として、ジョホールバルは、アジアのハブを担う国際都市シンガポールに近いという美点がさまざまな面で活きているように思える。コストを抑制しつつも、情報、物流、人材、金融の交差点に近接している利点ははかりしれないだろう。

製品テスト(写真左より)(1)IEC(国際電気標準会議)が定めた検査基準に基づき、掃除機の吸引力検査用に準備された粉塵 
(2)カーペットの上に人工的につくられた粉塵を散りばめる。その測定方法もIECによって定められている 
(3)吸引したあとの粉塵を計量。ダイソン社製品以外に、世界中の競合メーカーの掃除機でも試される。筆者が観察したなかでは、ダイソン製品の吸引力がもっとも優れた数値を示していた
(4)吸引力の持続性についての検査に用いられる粉塵 
(5)定められた検査法に基づき、定量の粉塵をパイプによって吸引させる 
(6)二つのパイプの先にそれぞれダイソン社製、他社製の掃除機が繋がれ、粉塵を吸引する。何度も検査を繰り返すことで、吸引力の衰えを計測する
(7)PCのディスプレイに表示されたグラフは吸引力を示している。左側がダイソン。吸引力を示す折れ線グラフは、横ばいのまま変わらないが、右の他社製品は実験回数を重ねると右肩下がりになっている。ちなみにダイソン社によれば、吸引力が落ちないということについては独立系の第三者機関~英IBRの調査でも確認されているという 
(8)吸引力の持続性を検証するスタッフたち。手前のボードには左側が他社製品、右側がDC26(日本仕様)であることが書かれている。取材に気を遣って競合社の名称は書かれていないが、おそらく日本製
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら