サッカー
ロンドン五輪アジア2次予選第2戦「後半開始直後の同点ゴール」が見せつけた「勝負の分かれ目」
敵地クウェートで敗戦
ロンドン五輪アジア2次予選の第1戦でで3-1の勝利を飾っていた日本でしたが・・・〔PHOTO〕gettyimages

 敵地クウェートで待ち構えていたのは、アジア特有の難しさでした。

 6月23日に行なわれたロンドン五輪アジア2次予選の第2戦で、日本は1-2で敗れてしまいました。しかし、第1戦で3-1の勝利を飾っていた日本はトータルスコアで4-3と上回り、何とか3次予選(最終予選)へこぎつけることができたのです。

 サッカーにおける"アジア"という枠組みは、その他のどこの地域よりも特殊です。時差が横たわり、異なる気候が入り組み、10時間以上の移動を必要とする。ヨーロッパ、南米、アフリカなどの予選で、これら三つの要素が揃うことはほぼありません。

 日本で深夜1時45分にキックオフされたクウェートとのアウェイゲームは、現地時間の19時45分開始です。6時間の時差があるわけで、数日前なら眠りについている時間に、選手たちは真剣勝負を戦っていたのです。

日本で行われるサッカーとは違う

 私自身、90年代前半から10年以上にわたって、各年代の代表チームに携わってきました。東南アジア、東アジア、中央アジア、中東、アラブと、様々な国や地域でのアウェイゲームを経験しています。

 そうした環境下では、「いつもと同じことはできない」という前提に立ってゲームを進めていくべきです。

 パフォーマンスに影響を及ぼすのは、気候の違いや時差だけではありません。アウェイでは不利なジャッジを受けることもある。

 ピッチコンディションも無視できません。芝生の種類や長さだけでなく、芝生の下の土の固さも国によって様々です。第2戦の舞台となったクウェートのスタジアムは、テレビの画面を通じても分かるほどにデコボコでした。

 日本で行なわれる国際試合やJリーグのゲームのような、素晴らしいサッカーをイメージしてはいけない。頭のなかを切り替えることが必要です。ピッチやコンディションや自分自身のコンディションを考慮して、「いつもと同じことはできないなかで、どうしたら勝利を引き寄せられるか」を追求していくべきなのです。

 選手たちは必死に戦っていました。気持ちは十分に伝わってきた。ただ、アウェイでの第2戦について言えば、状況に応じたプレーの判断において、改善の余地があるように感じられました。

 たとえば、後半開始直後に喫した同点ゴールのシーンです。

 相手のシュートは見事でしたが、ゴール前でトラップをしている。ダイレクトのシュートではなかった。シュートコースを消す時間はあったのです。

 相手より一秒でも早く、一歩でも前へボールに寄せる。1センチでも相手より足をのばす。本当にわずかなそうした違いが、国際試合では歓喜を呼び込んでくるのです。あるいは、取り返しのつかない失敗を招く。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら